肩こり改善方法

肩こり改善方法

肩こりは、首まわりの筋肉が過度に緊張し、周辺の血流が滞ることで起こります。 首まわりの筋肉を中心に、短時間で簡単にできるストレッチをご紹介します。 長時間同じ姿勢でいると、首まわりの筋肉が緊張を強いられます。 仕事や家事の合間に首の筋肉をしっかり伸ばして、心身ともにリフレッシュしましょう。 肩こり改善のための4つのストレッチ 僧帽筋(そうぼうきん)のストレッチ – 肩から背中の筋肉 僧帽筋とは首から背中にかけて広がっている筋肉です。 腕を持ち上げる動作を担い、重たい荷物を持ち上げたり、首をすくめたりするときに使います。...
マッサージの効果

マッサージの効果

マッサージの効果はマッサージ後から数日間は効果が持続するとされています。 たとえば、肩こりや腰痛などの筋肉のこわばりをほぐすためのマッサージであれば、 マッサージ後数時間から数日間は、こわばりが軽減したり、痛みが緩和したりする効果が持続します。 また、血行を促進するマッサージであれば、 マッサージ後数時間から数日間は、体が温まり、疲労が軽減する効果が持続します。 マッサージの効果をより長く持続させたい場合は、 ストレッチを行うことが大切です。 筋肉をしっかりと伸ばすことで解された筋肉が固まる事を防ぐことが出来ます。...
猫背の種類は三つある☆

猫背の種類は三つある☆

猫背の種類には3種類あることは皆さんご存知ですか? 首猫背 首猫背とは首が前に落ちてしまって、そのまま背中全体もゆるいC字カーブを描いている姿勢です。 スマホを使用している時も、顔が下を向いている状態だと思います。 電車の中で周囲を見回すと、ほとんどの人がこの姿勢を取っていますので、 首猫背予備軍は多いかもしれません。 腹猫背 腹猫背は、ヒールの高い靴を履いている女性に多く、 腹筋が弱いのでお腹が前に出てしまい、反り腰になっている状態の事です。 この背中の逆カーブのバランスを取るために、胸椎と首が前に傾きます。 3腰猫背...
肩こり改善方法

猫背から様々な不調に

肩こり、腰痛、目の疲れなどの症状がある方の中には、猫背でお悩みになっている方も多いでしょう。 猫背は首から背中にかけて丸くなる前かがみの姿勢が続くため、呼吸が浅く、内臓も圧迫されてしまうので、とても疲れやすくなります。 また、人に「暗い」「老けて見える」などのイメージを与えることが多く、第一印象でも損をしがちです。 気をつけて良い姿勢をしようとしても、気がついたら猫背になっているのではないでしょうか? 実は、猫背は、整体で体の歪みを矯正すると改善していくことが多いようです。...
肩こりを放っておくと

肩こりを放っておくと

「肩こり」でお悩みの方が肩こりを放っておくと まず肩周りの筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。 この状態が続いてしまうと次第に 筋肉や神経にダメージを与えて痛みや痺れ、腕のしびれなどが生じてきます。 痛みや痺れ、腕のしびれなどが生じた場合には マッサージではなく整形外科に行くことをお勧めします。 そうならない為にも、 現在肩コリでお悩みの方は早めに改善して行きましょう! 当店では 肩こりに最も効果的と言われている「肩甲骨はがし」を行っています♪ 肩甲骨はがしとは 肩周りの筋肉をほぐすために甲骨を動かすエクササイズです。...
うつ伏せ就寝

うつ伏せ就寝

うつ伏せ就寝のメリットとしてはお腹が温かい気持ちでいられること。 ですがデメリットの方が多いのはご存知でしたか? 長時間のうつ伏せ就寝は、起床時に首の回旋動作が辛くなったり、 定期的に首の向きを左右に入れ替えるために眠りが浅くなったりします。 また、胸郭が圧迫されてリンパの流れが滞ってしまうので、 むくみやすく、顎にも負担がかかり顎関節症の原因となることもあります。 また、うつぶせ寝では体重がかかるため、圧迫されやすく、 顔の骨に負担がかかるため、習慣化すると顔の輪郭や歯並びに影響を与える可能性があります。...
猫背の種類は三つある☆

ダイエットと肩甲骨はがしの関係

ダイエットと肩甲骨はがしにはどのような関係があるのでしょうか 肩甲骨はがしを行うと、肩甲骨まわりにある褐色脂肪組織の活動も自然と高まり、 脂肪燃焼をサポートしてくれます。 筋トレなどで基礎代謝を上げるだけでなく、 肩甲骨にアプローチをすることでダイエットの効果をより高めてくれます。 また、肩甲骨をほぐすことで体の歪みが整って各部位の筋肉に力が入りやすくなるので 酸素がうまく供給されて代謝が上がりやすくなり 脂肪が落ちやすい体の状態を作れるので、ダイエットの効果をより出しやすくできるのです。...